不飽和ポリエステル樹脂

目次へ戻る

第3節 硝酸分解技術によるリサイクル

 東京工業大学の久保内ら1) は,硝酸を用いてイソフタル酸系の不飽和ポリエステル樹脂(UP)の腐食を研究した。UPの希釈剤として用いるフタル酸ジメチルが腐食に及ぼす影響を検討した。処理条件は,30%の硝酸水溶液を用い,常圧下,80℃,2,000hであった。

 さらに,久保内ら2) はUPの硬化剤分布が腐食に与える影響を検討し,その際の処理条件は,30%硝酸水溶液,常圧下,80℃で,250h以下であった。

図表
Photographs of 120s mixed speciments: (a) appearance
(b) micrograph for before and 50h immersion 2)

参考文献